「右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

現状報告

皆さんこんばんは。
幽霊ではございません。
脇本社長、いえ今はただの脇本です。
年の瀬も迫り、皆さんお忙しくしておられると思いますが、私も
外に出て忙しくしております。大きいトラックやパトカー・外車も止める
事ができる泣く子が黙る警備員として務めております。
まあ半分、色んなところに行って楽しくやっているんですけどね。
写真は吉野のちょっと奥の方の山崩れの通行止の写真です。
また、奈良市の有名なお寺さん、高速道路、一般道路とか行っております。
特に写真の所によく行っております。今晩も12時間勤務で出発いたします。
昨日はマイナス2度の世界でした。もう一つの写真は会社の用事で談山神社から
飛鳥へ降りる峠道。バリバリに凍っておりました。
危険なところだと知っていたのですけども、もう大丈夫だろうと思って行ったら
この有様です。めいいっぱいエンジンブレーキをかけてなんとか降りることができました。
これは関係があると思うのですが、融雪剤25キロを10個積んでおりました。
それも幸いしたのでしょうね。だけど、高速道路では自分の命を守るのが義務だと教えられ
ました。先輩の隊員からいろいろ教えてもらって私が馬耳東風みたいな感じで居ているので
あなたの返事は信じられへんと言われても「はい。わかりました。」先輩が「もうええ」と
言っても「はい。わかりあました。」とまた言ってしまいました。
先輩は呆れ顔をしておりました。でも、高速は気を抜けない場所です。
何かが起きてもこちらの責任になる場合もあります。職場が変わればいろんなやり方考えが
あるみたいですね。

どんぐりさんコメントの有難うございました。
長く、放置してごめんなさいね。何年か先には再起したいと思いながら、頑張っております。
今の世の中だったらだいぶ、年数がかかるみたいですね。
では、皆さん良いお年を。


c0112240_17151225.jpg


c0112240_17152963.jpg

[PR]
by ukontatibana | 2011-12-29 17:35 | 右近橘と関係ない話
現状1 >>



明日香川源流水の霊力の宿る輝く酒の物語。杜氏兼社長のいかにも飛鳥な日常日記。
「右近橘」醸造元 ・脇元酒造
明日香村 脇本酒造
〒634-0145

奈良県高市郡明日香村
野口五番地の一

脇本酒造株式会社

℡ 0744-54-2025
Fax 0744-54-3825




■明日香村にお越しの折
 お越しください。
試飲・販売 やってます。




☆電車でのご案内

大阪阿部野橋
「近鉄吉野行き」。
特急40分「飛鳥」駅下車
降りてまっすぐ
200メートル左。
高台に
「天武・持統天皇陵」。
過ぎ左手に
「高市製薬」。
道を挟み前。案内あり。
 




大吟醸
「飛鳥京]の原点とは

 飛鳥の風景の
  「上澄み」です

飛鳥の地の霊力、水の霊力に感謝して私と蔵人が
醸しました。不思議なことですが、じっくり精魂も
込めればこめるほど仕込みに使った
「飛鳥川源流水」が芯となって際立ってきます。

小さな瓶の中で「飛鳥の水」のパワーが静かに息を
ひそめ開栓を待っていると思うと何かもういじらしく
思えます。どうか飛鳥の風景の「上澄み」をゆっくり
味わって
美しい風景を思いうかべてください。






右近橘フアンクラブサイト


■右近橘 明日香の酒■
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧