「右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

カテゴリ:酒造り( 3 )

☆酒造りの情報☆

只今の明日香村の気温10℃。
寒い夜です。
私もっと早くお伝えしたいと思うことがあります。
と言うのも、10月末より自然の恵み飛鳥川源流の伏流水を
頂、酒造りをはじめる事ができた事です。
今回は、モロミが元気で元気で私は反対に気を使って使って
モロミをじっと見ています。
しかし、今までいろんな事がありましたが、飛鳥川源流水のパワーの
お陰で順調に行き感謝の一言です。
また、皆様に美味しく頂いて貰える様に頑張りたいと思います。

新酒ができましたら、必ずブログに載せたいと思いますので
もう少しお待ちください。
御願いいたします。

c0112240_1253814.jpg


c0112240_1263240.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2010-11-07 01:27 | 酒造り

新酒とツバメ

ピヨピヨピヨいらっしゃいませ、いらっしゃいませ。
只今、私たちツバメのヒナがお客様をお出迎えしております。
ヒナと言っても、少しは飛べるのですよ。
今日は間違って巣から飛び降りてしまって、困っているとここの
ご主人様が私を優しく掴み、高いところに置いてくださり、ついに
巣に戻る事ができました。
ああぁ、良かった良かった。
さて、私のことより当蔵ではやっと、純米の新酒が出来上がりました。
キキ酒も出来ます。
ご主人様は少し甘口かなと言っておられました。
どうぞ、どうぞお越しくださいませ。
くどいようですが、私たちがお出迎えさしていただきます。
草ぼうぼうの当蔵へ、しかしここの息子さんは緑の豊かな蔵だと言っておられますが、
まぁ、そのおかげで私たちの餌も豊富にあるのですけども。

c0112240_0585615.jpg


c0112240_104393.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2010-07-03 01:02 | 酒造り

飛鳥川

エッチラコッチラ、右近橘酒造り。
何もかも遅い、当蔵なのですが、今期は私考えあぐねました。
人生の大先輩に相談に乗ってもらったり、業者さんの話を聞いたりして
一応決めました。
はっきり言って、小さい蔵なので、一般向けするお酒を少し仕込んで
今期お仕舞い。
何が良いか悪いかは、最後に解るのですが。
タンクの中にあるミネラルたっぷりの飛鳥川の源流の水、これからの
仕込みをよろしくお願い致します。
貴方様にはもっと協力してもらいたいのですが、この時世と言いますか
私のふがいなさでご無礼お許しください。



c0112240_2358377.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2009-03-13 23:57 | 酒造り



明日香川源流水の霊力の宿る輝く酒の物語。杜氏兼社長のいかにも飛鳥な日常日記。
「右近橘」醸造元 ・脇元酒造
明日香村 脇本酒造
〒634-0145

奈良県高市郡明日香村
野口五番地の一

脇本酒造株式会社

℡ 0744-54-2025
Fax 0744-54-3825




■明日香村にお越しの折
 お越しください。
試飲・販売 やってます。




☆電車でのご案内

大阪阿部野橋
「近鉄吉野行き」。
特急40分「飛鳥」駅下車
降りてまっすぐ
200メートル左。
高台に
「天武・持統天皇陵」。
過ぎ左手に
「高市製薬」。
道を挟み前。案内あり。
 




大吟醸
「飛鳥京]の原点とは

 飛鳥の風景の
  「上澄み」です

飛鳥の地の霊力、水の霊力に感謝して私と蔵人が
醸しました。不思議なことですが、じっくり精魂も
込めればこめるほど仕込みに使った
「飛鳥川源流水」が芯となって際立ってきます。

小さな瓶の中で「飛鳥の水」のパワーが静かに息を
ひそめ開栓を待っていると思うと何かもういじらしく
思えます。どうか飛鳥の風景の「上澄み」をゆっくり
味わって
美しい風景を思いうかべてください。






右近橘フアンクラブサイト


■右近橘 明日香の酒■
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧