「右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

<   2007年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

詰め

夜中は、気温8度、日中は20度以上あるけれどからっとして湿度は低いです。
蔵の中で生酒を移動してビン詰めは、まあよしとならまい。
宅急便屋さんが来ているので、急いで宅急便を出すのを手伝いました。
キキ酒の店を、チラッと見ると沢山着ておられます。
立て込んでいるので、これ幸いと利き酒だけで変えられるお客さん、
お酒を買いたいけれど、なかんか注文を聞いてもらえないので帰られるお客さん、
じっと我慢しておられるお客さん。助っ人行きたいけど、中々いけない。
毎年の事だけど、帰られるお客さんとは、何か縁がなかったのかなぁ~と、思わざるを
えません。   残念!

c0112240_2249249.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2007-04-30 22:50

事前通知は大切

阪田のうまし酒オーナー
阪田大字での田植え、稲刈り、餅つき・しめ縄作り
に参加したい人、お酒だけほしい人、参加したい人は、
東京、千葉からも来られた事があります。
お酒だけの人は、今のところ北海道から徳島までいらっしゃります。
ある時、宅急便屋さんから岩手県の盛岡のお客さんが受け取り拒否
されている連絡あり、早速先方に電話したのですが、
「私は、知りません」という返事。
「もうお金貰っていますよ」といっても誰かわからないとおっしゃる
振込先は、三田~郵便局だった。
これ、兵庫県の三田(さんだ)じゃなくて東京の三田(みた)なんですよね
三回目に連絡したら、たまたま不在だった娘さんの申し込みだった。
でも、その方またお酒がほしければ申し込みすればいいのですねと
おっしゃった。お酒が気に入ってもらったのかな~これが、一番大事なことです。

c0112240_21193450.jpg

一口二万円となります。

c0112240_21212893.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2007-04-29 21:23

連鎖反応 

とうとう待ちに待ったゴールデンウィークがやって参りました。
ここ、明日香村にもこんな言い方は失礼かもしれませんが
ふって沸いたように沢山の観光客が来られています。
関東の方も多く家の蔵に来られました。
中には90歳代の女性の方も「三年前に来ました」といっておられました。
そして、民宿の同室の方に家の事を話すると、またその方も来られました。
数日前には、その民宿を通じてオーストラリア、英国の方17名、当然通訳の方も
「私はアメリカ人です。」と言いながら、キキ酒されてました。
他にもお土産やさん、お好み焼きやさん、お茶屋さん、、、、の方が
「あの蔵に行きなさい。」と言って下さる、本当にありがたいことです。
でもお礼を言った事がない、いけない事です。
でも、明日香村でやっている、うまし酒オーナーでそのぶん頑張ります。
だって一応、200口と決めているけど、明日香村の人々も多く入ってくださるので
ここ数年、200口以上になっています。
これも阪田大字のお陰です。
はやくブログで宣伝しなくては、阪田大字の方に怒られるは!!

c0112240_22334697.jpg


c0112240_22345823.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2007-04-28 22:35

先日、お酒の感想のお手紙を頂いたお客さんから、今日
お酒の注文がありました。
本当にありがたいことです。当蔵からお知り合いの方が
お酒を送られたのですが、お手紙の文面の中で「人も店も一杯の酒が
歴史を創ってくれています。」と書かれていました。
少し意味合いが違うかもしれませんが、ふと私が今まで考えてきた事を
思い出しました。そしてまた、昨日長年お付き合いがあるお客様ととの長電話(この方も
注文の電話なのですが)でも、話題になったのですが、日本酒は本当に古い歴史と
文化が、あるのですが、しかしそれゆえに若い世代にはねぇ~。
しかし海外では、珍しいものです。
六年前、海外でアルコール飲料の仕事をしている人が言っていたのですが
海外では、反対の立場みたいですねぇ~。
しかし、私は負けません若い人が好む日本酒にしたい。
嫁さんが、時々買ってくる女性雑誌すみからすみまで見て勉強しています。ハイ!

c0112240_21345113.jpg


c0112240_21355821.jpg


c0112240_21363947.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2007-04-27 21:37

新酒完成

シーン誰もいない蔵。
私一人、お酒を搾る準備をして、そしてそして搾りました。
もろみ日数三十五日、もう少し早く搾りたかったけど。
お酒はまあまあな出来かな~と、思っていましたが
後で香りと味が出てきました。
搾りたてのお酒は、変わってゆくと知っていたけど、亡くなった
おやっさんは、よく 「不思議だな。」 と言っていた所以かな。
酒かすははがしは、子供二人と行い母親はナイロン袋や紙袋の役目
嫁さんは、電話番、台所番、テレビ番と皆頑張っていました。
ブログを、お休みさせていただいたお陰で、今期の新酒や飛鳥川の
水を冷やすようにできました。
後、連休にみなビン詰め、ああしんど

c0112240_23264914.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2007-04-22 23:27

酒かす

本日も、父は仕事の疲れで短めで
今日は酒かす取りを行いました。
綺麗なかすが沢山取れました。
それだけです。



・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2007-04-21 23:35 | 息子書き込み

疲れ

最近の父は、仕事が忙しくあまりブログに力を入れれないとのことです。
自分も、あまり書く気がないので今日は、短いですが、これで

c0112240_23572684.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2007-04-20 23:58 | 息子書き込み

DVD

只今気温11℃、朝から上がりも下がりもしない、しかし寒い
えりまきして頑張ってるのに仕事がはかどらない。
そういえば、うまし酒オーナーのDVDが阪田大字で作られた。
それも皆助け合いで、ボランティア活動で、私も一枚貰いました。
これで会員募集をやりましょう。
又見てくださいね。
まだしぼれない。
もう時期が来ているのに。

c0112240_2223489.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2007-04-16 22:24

祝十周年

今日は田植えから稲刈りまでの、うまし酒オーナー阪田の十周年です。
阪田大字の方、村の方、公社の方、オーナーの代表の方それぞれの人が
考え深いものが、あるのでは私もそうです。
会場では、私はベロンベロンになって、家に帰ってグーグー。
でも覚えています、立ち上げの時の阪田総代さんの苦労話。
会員さんを集めるまでの話し合い、山田錦の勉強会、せっかく大きくなったのに
台風が来て稲が水につかったとか、それはもう寝れない時もあったとか。
しかし、公社の方が挨拶で言っておられました。
十年たっても皆さんの団結心は、ますます高まっているとの事
そうです、私も酒造り頑張らなくては。
今日の日本酒は、凄く美味しかった。

c0112240_20162274.jpg


c0112240_20172763.jpg


c0112240_20191983.jpg


c0112240_20202581.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2007-04-15 20:20 | 社長書き込み

ローカルな道

道の事で言い忘れた事があるのですが、何処へつながるという事です。
今新聞紙上をにぎわしている、高松塚古墳と、蘇我氏の邸宅跡、甘樫丘
とが一直線で繋がります。ちょうどその間に当蔵いわゆる未完成の道があるのです。
歴史の教科書をパラパラとめくるが如く、車でサーっと行けるのです。
それと、写真にある当蔵の入り口の前、バラスの道は、車道ではなく
4メートル幅の歩道です。明日香村は、歩く人、自転車で移動する人が
多くおられるので、大変便利です。
ただ前に述べたと思うのでが、季節によって観光客は増減するのは残念ですが
道が開通すれば、なんかのついでに飛鳥によりバス、車で素通りがしやすく
なるでしょう。素通り、それはいけないことです。
罪です。(注意:脅迫罪)
ちょっと車を止めて、リラックスして飛鳥の自然を満喫してください。
もろみは、ゆっくり、ゆっくり発酵しています。

c0112240_1851726.jpg


c0112240_1873518.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2007-04-14 18:08



明日香川源流水の霊力の宿る輝く酒の物語。杜氏兼社長のいかにも飛鳥な日常日記。
「右近橘」醸造元 ・脇元酒造
明日香村 脇本酒造
〒634-0145

奈良県高市郡明日香村
野口五番地の一

脇本酒造株式会社

℡ 0744-54-2025
Fax 0744-54-3825




■明日香村にお越しの折
 お越しください。
試飲・販売 やってます。




☆電車でのご案内

大阪阿部野橋
「近鉄吉野行き」。
特急40分「飛鳥」駅下車
降りてまっすぐ
200メートル左。
高台に
「天武・持統天皇陵」。
過ぎ左手に
「高市製薬」。
道を挟み前。案内あり。
 




大吟醸
「飛鳥京]の原点とは

 飛鳥の風景の
  「上澄み」です

飛鳥の地の霊力、水の霊力に感謝して私と蔵人が
醸しました。不思議なことですが、じっくり精魂も
込めればこめるほど仕込みに使った
「飛鳥川源流水」が芯となって際立ってきます。

小さな瓶の中で「飛鳥の水」のパワーが静かに息を
ひそめ開栓を待っていると思うと何かもういじらしく
思えます。どうか飛鳥の風景の「上澄み」をゆっくり
味わって
美しい風景を思いうかべてください。






右近橘フアンクラブサイト


■右近橘 明日香の酒■
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧