「右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

<   2007年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

らじお

証拠にも無く、また載せます。
音が出るもの。
もしかしたら粗大ゴミかもしれませんが
一枚目の写真、音が出るかのかな納戸中から
引っ張り出してみたけれど、テープがどっかに
あった筈なのに、ゲゲゲの鬼太郎じゃないけど
緑に光る一つ目で許していただきましょう。
写真撮る前、この上に裁縫箱がポンっと置いてあった
お母さんにとっては、興味の無いものなのかなー。
二枚目の写真、友達の引越し手伝いで貰ったもの。
一つ難があって、ラジオからカセットテープに音をとって
再生すると、左のスピーカーの音が出にくいです。
調整するのを回すと、ガガっと言ってdBの針が振り切れます。
それから、これは書こうかどうしようかと迷ったのですが
蔵の中でスピーカーをつけてスタンバイOK。
このセットの隙間から友達のテープが出てきて
女性の名前が書いてあるから、ジャズボーカルかなぁ~
と、思いパートのお姉さんと子供一人そばにいて
テープを入れて、スイッチをガシャっと。
なんと、殿方が大好きな音が出てきて、すぐにスイッチをきりました。
皆、爆笑しました。
酒蔵に響き渡るよ、エロスかな。

辞書では
エロス  (1)ギリシヤの愛の神(蔵に愛の神が宿る)
      (2)性欲(蔵に酒造欲が宿る)

c0112240_22592173.jpg


c0112240_230882.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2007-08-31 23:01

ラジオ

もうすぐ秋だ、明日香村だ、キキ酒だ。
秋を呼ぶ前線が北から降りてくる。
さあ、おいで明日香村へ、よこ道にそれてキキ酒にも。
蔵の酒たちは、貴方たちをまだか、まだかとまっているよ。
そして、玄関に飾ってある私の小さい頃のラジオも
見てよ、見てよとまっているよ。
もし、欲気をだしてそれを売ったとしても
何千円だけど近くの銀行の金庫に眠っている
お金よりも、もっと、もっと計り知れない
うちのお宝だーい。
うちの死んだおばあさん、ラジオの前でちびった赤鉛筆を持ちながら
聞いていたよ。
「どこどこ一円安、どこどこ十円高」

c0112240_1921267.jpg


c0112240_1925124.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2007-08-29 19:03

マツタケ

前にブログで書いた梅干を
知人にあげたら、また催促、その代わり
韓国産のマツタケを送りましたとの事。
着きました、お母さんと嫁さん大喜び。
そこへ、無農薬野菜つくりの夫を持つ姉が
やってきて、これを見るなり「ブツカ、ブツカ」と、
喋っている内容は公表できませんが、海外の
食品などが、物議をかもしているので余計興奮気味、
また、帰り際、はき捨てるように「ブツカ、ブツカ」と言って
車でブー。
お母さん「あの子はもう」と言うので、私は
馬鹿なことを一言「これ、吉野山にもっていって穴を掘って
埋めておこうか、そして上に、こんもりと落ち葉を乗せといたら
見つけた人、大喜びするで。」
しかし、梅干の功労者パートのお姉さんには最初に
おすそ分けしなくては、「今年は気温が高かったので
早く出たそうですは、もうスーパーで売っていますよ。」
あげてよかったのかなと、気が気や無かったのですが
「今夜はお父さんのあて、後は冷凍保存して正月子供に食べてもらうは
私のはないけどね。」
とニコニコ顔しておっしゃいました。
そして、最後にお母さん「やっぱり韓国産のマツタケええらしいで、
高いらしいで。」
この一言で一件落着。
いっただきま~す!

c0112240_1905212.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2007-08-27 19:01

今昔物語

前回書いた、その道のプロ。
いろんな方がおられますが、天賦の才を持って
我々の前に出てくる方もいる。
私が、中学校の頃大好きだったエレキギターリスト、
ジミーヘンドリックス。
所謂、グループサウンズ,日本の方も大好きだったけど
この人、凄く力強くて上手だと思っていた。
黒人とインディアンとの混血で苦難の連続でしたのでしょうか
麻薬で若くして死んでしまった。
今では、本当まれにラジオで聞けるくらい。
大げさだけども、もう演奏見ることもできないと思っていた。
まあ、お金と時間と費やして探せば見れたかもしれませんけど。
しかし、周りからがんじがらめにされている私にも家にあるもので
見れたのです。
そうです、目の前にあるパソコンです。
普通のサイトを開くくらいでは歌もそこそこしか聴けないようだった。
ひょんなことで、外国の動画googlevideoで見れる事を発見
もう、驚きましたは,感動いたしましたは、もうどうなってもいいとは
思いませんでしたが、これで私の懐かしい青春がよみがえりました。
興味のある方は、一度ごらんあれ!
JIMI HENDRIX
PURPLE HAZE
その頃紫の煙といっていた。
最初にそれを聞いてください。
私は楽器は何もできません。
カラオケもダメ、単に聴くだけです。
念のため

c0112240_19432613.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2007-08-24 19:43

レイゾウコ

工場と家庭用に使っている冷凍庫。
またまた、温度が上がってきた。
前から良くある事なんですが、冷やす部分に
氷がくっついて、冷えなくなってしまっているのです。
夜なので、保守点検の方は次の日になるとか、仕方なく
痛むものは、移動さして動力の電源を抜いておいた。
朝には、氷も解けてOK。
こられた点検の方にもOKサインを貰い、フィルターの掃除を
して帰られました。
しかし、夜に、こんどはコンプレッサーがストップ。
まあ、電源をきったり入れたりしたら動きましたけど
次の朝、点検の方が来られました。
この方、なんと頭、角刈りみたい。
まるで板前さん、頑固なまで筋を通す、その道のプロみたい。
そうなんです。
その道の精通した方が、とうとう来られたのです。
淡々と「今は、なんともないですね、タイマーもOKです
タイマーが壊れたら、もう動きませんよ、フィルターを洗ったのですか?
それは、人間のマスクのガーゼを濡らして使っているのと同じですよ
空気がちょっと遮断されてコンプレッサーが熱を持ち、非常停止したのでしょう
それから、これはショウケースで氷を作るものでは、ないですよ
袋に入った冷凍物を並べるものです、氷も裸のままではダメです
扉を開けると両方とも、すこし蒸発して冷やす部分にくっつきますよ」
「はははい!両方ともビニールの袋に入れておきます」
直立不動
「ご苦労様でした」
その道のプロ

c0112240_21525681.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2007-08-22 21:53

もうこの森

山からの帰り、ずっと前に見つけた所に
写真を撮りに行きました。
つくやいなや次男が「首塚や」といって
兄貴のほうは「もうこや」と言い、私が「知っている所か?」と聞くと
「お父ちゃん、ここ有名なところやで大化の改新のおりに中臣鎌足が蘇我入鹿の
首に追いかけられて逃れてきたところやで。」
私は、観光客によく言うのですが「道からそれて村の中に入りなさい
私も見たことの無い珍しいものがあるかもしれませんよ。」
本当にここは、私が気にしていた珍しいところです。
ここまで来る観光客は少ないと思いますが、もし来られても
道からそれてここまで入り込んでくる方は、まあいないと思います。
この先は、車では行けないトウノミネと言う山を越えて隣町の
藤原鎌足が祭られている談山神社(だんざんじんじゃ)にいきます。
小学校の遠足で歩いていったのですが、当然どんな道で言ったかは
覚えていません。

c0112240_18591177.jpg


c0112240_1904255.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2007-08-21 19:01

飛鳥絶景

山から全貌できる明日香村。
手に取るということは、このことか。
飛鳥時代の人もここから、律令国家制定とか、都の造園とか、考えた事であろう。
わが右近橘も、明日香村で営利目的だけではなく,社会貢献と言うことでがんばらなければ。
名を、全国とは言わないけれど、馳せたい。
一応、今年の夏はそんな忙しくなかったですが、北は北海道から、南は九州(抜けている県もありますが)までの方が来られ、沖縄は、電話注文、発送とあいなりました。
少し世間話をしたのですが、沖縄は観光客が多く私は炎天下の下で
まんごうを作っていますとのことでした。
それから、こちらは宮崎ほど値段は高くないという事でした。
山には、牛さんもいます。
しかし、今日は山羊さんは出てきませんでした。
他の山手のほうに行くとまるで、信州に行ったような感じの所もあります。
ここは、村内の方よりも、よそ者のアベックの方のほうが良くしっておられるとか。

c0112240_2022794.jpg


c0112240_204246.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2007-08-19 20:04

ウルトラマン

野菜つくりの大好きな義理のお兄さんの白いゴーヤとカボチャ。
姉は凄く自慢していました。
当然、お盆にも使わせていただきました。
これをジーっと見ていると、ウルトラマンに出てくる怪獣を思い出します。
今にも動き出しそうな感じ、でも今は台所で木っ端微塵に分解され
そして、胃の中で溶けてしまっているでしょう。
勝利に満ちたウルトラマンは、胸を張って、空を見上げています。
しかし、胸のランプが点滅しだし、ピーピーピーといっています。
さー手を挙げて,燃料補給に行かなければ。
うちの家でも、ピーピーピーと言うことがあります。
「おーい、ピーピーピーか?」
家族の誰かが、少し顔をいがめ、真剣なまなざしで手をおなかに当て
安堵感を求めに行かなければ。
ウルトラマンの叫び「シュハッチュ」の如く「どいて~」

■脇本酒造からのお知らせ
まことに申し訳ございませんが、只今ファックスが故障の為
ファックスでのご注文はできません。
電話にてお願いいたします。
              脇本酒造社長 


c0112240_2024079.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2007-08-17 20:04

枝振りのいい紅梅。
いいえ、違います単に,ほったらからしの梅ノ木です。
しかし、そのお陰で四方に伸びている枝に、梅の実がブドウの如くなったのです。
写真に撮っとけば良かったのですが、別に気にも留めていなかったもので
しかし、パートのお姉さんは「もったいない、もったいない。」と言いながら
苦笑いしている息子と一緒に、全部とってしまいました。
梅干用の木桶も用意してシソ・塩漬け・。。。漬物専門家母親が文句を言って
塩が少なすぎると言う事で、塩とシソを沢山足しました。
そして、お盆にお供えさせていただきました。
しかし、三日三晩天日干ししなければ、いけないのに梅干おばあさんの
母親は、そんな事しなくても、いいといっています。
どうすればいいのでしょうか。

c0112240_0552679.jpg


c0112240_0562838.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2007-08-16 00:56

雑談

昨日、また海に行かして頂きました。
世界遺産の熊野の古道のそばを通って南の海に行きます。
飛鳥の近辺も世界遺産にと登録されるように申請しています。
世界遺産に登録されれば、観光客が増えるかもしれませんが
後色々大変らしいです。
行く途中の写真を載せさせていただきます。

c0112240_173555.jpg


c0112240_17365927.jpg


c0112240_17374417.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2007-08-13 17:35



明日香川源流水の霊力の宿る輝く酒の物語。杜氏兼社長のいかにも飛鳥な日常日記。
「右近橘」醸造元 ・脇元酒造
明日香村 脇本酒造
〒634-0145

奈良県高市郡明日香村
野口五番地の一

脇本酒造株式会社

℡ 0744-54-2025
Fax 0744-54-3825




■明日香村にお越しの折
 お越しください。
試飲・販売 やってます。




☆電車でのご案内

大阪阿部野橋
「近鉄吉野行き」。
特急40分「飛鳥」駅下車
降りてまっすぐ
200メートル左。
高台に
「天武・持統天皇陵」。
過ぎ左手に
「高市製薬」。
道を挟み前。案内あり。
 




大吟醸
「飛鳥京]の原点とは

 飛鳥の風景の
  「上澄み」です

飛鳥の地の霊力、水の霊力に感謝して私と蔵人が
醸しました。不思議なことですが、じっくり精魂も
込めればこめるほど仕込みに使った
「飛鳥川源流水」が芯となって際立ってきます。

小さな瓶の中で「飛鳥の水」のパワーが静かに息を
ひそめ開栓を待っていると思うと何かもういじらしく
思えます。どうか飛鳥の風景の「上澄み」をゆっくり
味わって
美しい風景を思いうかべてください。






右近橘フアンクラブサイト


■右近橘 明日香の酒■
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧