「右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

この度、当蔵に起きましては『立ち飲みの流儀』という本を販売しております。
どうぞよろしくお願い致しします。
少し読んでみますと、考え深いものがありますね。
筆者の方は私が大阪で酒屋と立ち飲みをやっていた頃のお客さんであり、また
当蔵に起きましても、非常にお世話になった方であります。
いろんな町の立ち飲みに行かれて思い感じたことを書かれたのでしょうね。
私、元立ち飲みの大将といたしまして、飲み物に関してはお店が儲ける為の自己主張
「これしかありませーん。」、あてに関しましてはお客様に喜んでいただく為、車で走り回り
「大将、はよはよ、あてだして。」でも閉めちゃいましたけどね。
親が知らない土地で初めて人には言えない、色んなことがあり、地元の方に
助けてもらった事もあり、これも立ち飲みをやっていたおかげでしょうか。
と言うことで、この本は一日にして読破すべきものではないでしょう。
家で立ち飲み屋で毎日、ちびちび飲みながら、ちびちび読むものだと思います。
もし、たち飲み屋で読む場合は正々堂々と表紙を隠すことなく周りのお客さんに優越感を
抱きながら読み、飲み、食べる。
ついでに優越感も当てになり、しまいに「お客さん、ええ本を読んでいまがなぁ。」と会話が始まり
それもあてになるでしょう。
こちら明日香村では九州、北海道、からと多くの観光客が三連休の間に来られました。
もっと遠くからはツバメ達が飛んできて、三角関係により玄関で鳴きながら飛び回り大変にぎやかです。


c0112240_104982.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2010-03-25 01:01 | 明日香村

宅急便

今日は、通販に勤めている方とお話しをしました。
今は、通販の時代ですよ。
と、言っておられました。
私は主に今でなくともダイブ前から、通販は威力的なものだと思っていたのですが、
その人曰く、単に物だけではなく、人間を派遣とする通販があるみたいですね。
私のような、小さな酒屋は組織的に大きな、通販は出来ないけど昔、大手メーカーの
大輸送力で小さな地酒蔵は負けましたが、今は宅急便で追い越す事はできませんが、
ちびちびやっています。
しかし、この時代において、その個人客への宅急便が威力を増しております。
ちびちびといきますか。
私も、晩酌はちびちびとやっております。
そして、たまには”浮気”をして缶ビール、そして缶ちゅうはいを飲んでおります。
皆様、おゆるしを。

c0112240_0302757.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2010-03-18 00:30 | 息子書き込み

岸部&飛鳥

私、若い頃JR岸辺駅(大阪吹田市)の近くで下宿していた時がありました。
その頃、駅の周りは建物など、あまりありませんでした。
最近、用事で行ってみたら、建物がイッパイ建っていました。
たまたま、駅の近くに住んでおられるお客様がこられ「岸辺駅もこれからか
わっていきますよ、貨物ターミナルも出来、阪急の北千里駅の近くにある国立
循環器センターがここら辺に、移転されます。そして公園もでき、万博公園にあった
観覧車もここに移ってくるそうです。いま観覧車何処にあるんやろうな」と言っておられました。
こちら、明日香村も違った意味での集客に重きを置いた、計画があるみたいです。
例えば、キトラ古墳の周りを公園にして、体験学習が出来たりするみたいです。
特に今年は、国営公園石舞台に何回か一般のミュージシャンを呼ぶみたいです。
4月4日尺八デュオ黒船コンサート(無料)があります。
どうぞいらして下さい。
当店も。
昔の事ばかりですまないのですが、石舞台でチャギアンドアスカが来られた時、
若い女の子が、わんさかわんさか、近鉄の岡寺駅に向かって歩いて帰っていきました。
ほんま、すごかったですわ。

c0112240_22445555.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2010-03-12 22:45 | 社長書き込み

でました!
春とはいえ、まだこんな季節なのに真っ黒けな蛇。
軽く石を投げてやるとスローモーションで動いていました。
実は、十二月の初めにも小さな蛇を見たのですが、こういう事は生まれて
初めてです。
私は蛇年生まれなのですが、なんかの暗示でしょうか?
私の勝手な思い。じたばたするな。
長いものには巻かれろ。
このような世の中にははむかうな!マイペースマイペース。
と言うことでしょうかね。
でも、私が小さな頃にはよく蛇にいたずらしたものです。
親戚の集まりの酒宴の場で某私立大の声学科を出たお姉さまが、
小さな頃にはカエルをとっ捕まえてああやこうやとしたとか。
そうして田舎では、命の大切さを自然からまなぶのでしょうかね~。

c0112240_23413325.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2010-03-06 23:41 | 社長書き込み

せーしょん

みなさーん、でてきましたー!
前にブログに書いたのですが、日本で初めて自動改札機が設置された
阪急北千里駅、まぁその当時でしょうかね(万博が終って二年後)の定期券。
物をどけたらひょこっト現れた、懐かしいアルバム。
もしかして、思っていたら貼り付けてありました。
懐かしい嵐山。
親の勧めで行に行きなさいと下宿。
冬の早朝、桂川での水行、すぐに頭の毛が凍ってしまいました。
また、冬の滝行、その時の先生が「滝についたらすぐに入りなさい。
休憩だと思ってコタツに入ったら、行をする気がなくなりますよ」と言っておられました。
せやけど、二つとももう一回どうぞと言われても、悪いですけども結構です。
ついでに載せた、大阪環状線の紙の定期、桜ノ宮、大阪で商売している時にお客さんが
言っていたなぁ「天神さんのお祭りの時には川の見える部屋を予約しておくんや」なんのこっちゃ
っと思ったら、桜ノ宮はラブホテルの多いところ。
阪急の定期、私の名前の最後の漢字が間違っています。
この二つプレミヤ物ですかね。
でも、私はいいたいです。
右近橘のお酒は一般受けするお酒です。
どうぞ買ってください。
最近、明日香村は観光客の方が少しずつ増えています。

c0112240_22354720.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2010-03-02 22:36 | 右近橘と関係ない話



明日香川源流水の霊力の宿る輝く酒の物語。杜氏兼社長のいかにも飛鳥な日常日記。
「右近橘」醸造元 ・脇元酒造
明日香村 脇本酒造
〒634-0145

奈良県高市郡明日香村
野口五番地の一

脇本酒造株式会社

℡ 0744-54-2025
Fax 0744-54-3825




■明日香村にお越しの折
 お越しください。
試飲・販売 やってます。




☆電車でのご案内

大阪阿部野橋
「近鉄吉野行き」。
特急40分「飛鳥」駅下車
降りてまっすぐ
200メートル左。
高台に
「天武・持統天皇陵」。
過ぎ左手に
「高市製薬」。
道を挟み前。案内あり。
 




大吟醸
「飛鳥京]の原点とは

 飛鳥の風景の
  「上澄み」です

飛鳥の地の霊力、水の霊力に感謝して私と蔵人が
醸しました。不思議なことですが、じっくり精魂も
込めればこめるほど仕込みに使った
「飛鳥川源流水」が芯となって際立ってきます。

小さな瓶の中で「飛鳥の水」のパワーが静かに息を
ひそめ開栓を待っていると思うと何かもういじらしく
思えます。どうか飛鳥の風景の「上澄み」をゆっくり
味わって
美しい風景を思いうかべてください。






右近橘フアンクラブサイト


■右近橘 明日香の酒■
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧