「右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

さくらの実

新聞で永六輔さんの特集をやっていましたが「懐かしい、遠くへ行きたい」知らない町をあるいてみたい、どこか遠くへ行きたい。ある人にとっては、明日香村は遠いかもしれません。雨のおかげで、ゆっくりゆっくり歩いていたらアレ、桜の枝の間に赤い物が良く見てみますと、小さいさくらんぼみたい。地面にも小さな赤い実がそして少し黒ずんだ実もありました。少し硬いけれども皮をむいてみました。香りは、まさしくさくらんぼの香りでした。そんなにキツイ香りではないですけども。
明日香村の身近にありながら、初めて気がついた桜の木の実。
まさしく、近くに居て遠きとはこんな事を言うのでしょうかね。
パソコンには写真が載っており、桜の木の名前も出ていました。



c0112240_1329516.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2011-05-29 13:30 | いろいろ

セーターとレナウン 奇妙な偶然

写真の服のチャージのマーク。
その服を腰に巻いて椅子に座り、(当然服は私のお尻で踏まれています)
新聞を見ていますと、20年前に日本で唯一、フランスで開かれた自動
車耐久レースルマン24時間で優勝した、マツダのロータリーエンジンの
車(787B)がまた、6月に開かれるルマン24時間でデモンストレーション
走行を前日に行われるそうです。その車体にセーターの同じ色のその
チャージのマークが入っていた。まさかと思い、セーターを良く見てみると
車に書いてあったスポンサーと同じ、レナウンの製品であった。
親戚から貰って、ほったらかしにしていた服である。
ちょっと朝晩寒かったので、最近着だした服なのですが、ちょっとビックリして
レナウンの会社に電話しました。ウグイス嬢に色々説明し、洗濯の方法を書いて
ある所に、刻印みたいな数字を言い、そして電話番号はを聞かれたので、無いと
言いますと、この服はマツダが優勝した時よりまだ古いものでした。
ちょっとお宝みたいな感じがしたのですが、もう既に遅し。
少し汚れて私の体臭がついております。
しかし、綺麗に洗ってキキ酒の部屋に飾りましょうかねー。
昔CMで、明石家サンマさんが言っていました。
「チャージしてまんねがなぁ」
私もチャージしなおして、ロータリーサウンドを発しながら、蔵の中を走りまく
ましょうかね。そして、これからは、チャージの世の中だと思います。
がんばって、新しいレッテルも作りたいと思います。

乞うご期待!

c0112240_0103969.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2011-05-24 00:15 | いろいろ

コメントの返信&雑談

tatinomi1さんコメント有難うございます。
返事が遅くなって申し訳ございません。
その節は、当蔵の為に貴重なる時間を割いてくださり
有難うございました。御2人のご協力により明日香村の
力強いラベルのお酒を出したいと思います。
今日は、高松塚古墳・キトラ古墳の壁画の公開とか、学校の遠足等で
大変、賑やかです。「あんな昔に、星座が解っていた
なんて、すごいなー。」「美人画がとても綺麗だった」と言って
喜んでおられる方もいらっしゃいました。

このように人々に喜びを与える謎の石仏の多いパワースポット的な
明日香村より、新しいラベルのお酒を出したいと思います。
この世の荒波に立ち向かい、乗り越え、良き波に乗るという思いをこめて
微力ながら、我が清酒の商品を持ってパワースポットならぬパワーラベル
になる事を願っております。
肩肘を張らずに遊び心も交えながら、やりたいと思います。

では、こうご期待。




c0112240_21154430.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2011-05-19 23:11 | いろいろ

GWの事

今日は快晴、少し風あり。
GWも終り、少しホッとしているところです。
GW期間中は私ども、一族郎党用事が出来たり体調を崩したりと
お店は私1人、なんとか足を引きずりながら切り盛りいたしました。
どないしょうと、思ったときもありましたが、なんとかなんとか。
まぁ、例年だったら絶対に1人では無理なんですけども、やっぱり今年はね・・。
私が1人だった分、お客様とは楽しくお話が出来ました。
特に、若い方々とはキキ酒をしてもらいながら、色々お話を聞かせて
頂きました。お話を聞いておりますと、若者には若者なりの嗜好と言うものが
あり、年配の方には受け入れられない「何やこの酒」と言うお酒があるみない
ですね。今回のGWで思ったのですが、若者に受け入れられるお酒(特に女性に)
を考えるのも、いいのではないかと思うのですが、もしかして、そういう時期が
来たのではないかと、思うこの頃です。
以上現場より私、脇本がお送りいたしました。

では一旦、日本ブログ村へ画面を写したいと思います。
では皆さんご一緒に、ブチーと!


c0112240_074337.jpg





・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2011-05-15 00:24 | いろいろ

コメントの返信

「茨城からはるばる」さんコメントありがとうございました。
そんなに喜んでいただいて、恐縮いたします。
本当に出会いとは感謝だと思います。
今後ともどうぞ、宜しく御願いいたします。
写真は3年ぶりに出会った友達からのお土産の紅葉饅頭です。
「もう一軒の店よりこの店のほうが、漉し餡が美味しくて・・・」
と言っているのですが、私にはもう一軒の方も食べないと解らない
ですけどもね。
友達は電話で「脇本、今晩泊めてくれや、もう車運転してるんや
えらいこと、道が込んでるから、もう電話きるで」本当は車を出す前に
デンワ欲しいんだけども、この美味しそうな箱を見たら、言いそびれて
しまいました。
友達と私は体の大動脈にステン(補強する為のバネみたいな)が入っている仲
そして、大阪で親からの商売を業種は違いますが、2人とも引き継ぎ
最終的に尻尾を丸めて、2人とも時期は違いますが、引き上げた仲。
彼は饅頭の美味しい所の家に帰り、就職。私は仕込み水の美味しい所の家に
帰り、家業を継ぎ、2人とも頑張っております。
その夜は2人とも言いたいことを喋り、朝になって「早く帰らないと車が
混むので」と言って帰りました。

本当に出会いとは良いものです。
また、感謝されるように頑張りたいと思います。
では、皆さん宜しくー。



c0112240_0434692.jpg





・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2011-05-05 00:58 | いろいろ



明日香川源流水の霊力の宿る輝く酒の物語。杜氏兼社長のいかにも飛鳥な日常日記。
「右近橘」醸造元 ・脇元酒造
明日香村 脇本酒造
〒634-0145

奈良県高市郡明日香村
野口五番地の一

脇本酒造株式会社

℡ 0744-54-2025
Fax 0744-54-3825




■明日香村にお越しの折
 お越しください。
試飲・販売 やってます。




☆電車でのご案内

大阪阿部野橋
「近鉄吉野行き」。
特急40分「飛鳥」駅下車
降りてまっすぐ
200メートル左。
高台に
「天武・持統天皇陵」。
過ぎ左手に
「高市製薬」。
道を挟み前。案内あり。
 




大吟醸
「飛鳥京]の原点とは

 飛鳥の風景の
  「上澄み」です

飛鳥の地の霊力、水の霊力に感謝して私と蔵人が
醸しました。不思議なことですが、じっくり精魂も
込めればこめるほど仕込みに使った
「飛鳥川源流水」が芯となって際立ってきます。

小さな瓶の中で「飛鳥の水」のパワーが静かに息を
ひそめ開栓を待っていると思うと何かもういじらしく
思えます。どうか飛鳥の風景の「上澄み」をゆっくり
味わって
美しい風景を思いうかべてください。






右近橘フアンクラブサイト


■右近橘 明日香の酒■
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧