「右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

脇本酒造㈱ 右近橘

c0112240_2026897.jpg


明日香村でただ一軒の造り酒屋
それが右近橘です。



住所
〒634-0145
奈良県高市郡明日香村野口5-1
℡0744(54)2025



最新記事は下にあります。↓


当蔵の商品一覧並びにアクセスはこちらへ
[PR]
by ukontatibana | 2011-08-22 00:00

四国旅行記

久しぶりに家族四人で小旅行。
お泊りは出来ないけど、朝早く出発して
向うでゆっくりする作戦。
難なく明石海峡を渡りました。
そして、四国は私は30年ぶりその四国に行けたのも
古くからのお客様のお陰。
電話で連絡を取り、向うへ着きますと今までの経験の無い
出来事がありました。
お客様はあるマンションの住人さんで、もしお客さんがあれば
マンションの施設に安い料金でとまることが出来、そして駐車場も使え
そしてまた、プールも利用できます。
そして、外にあるシャワーも使えることが出来ました。
こんな事ができるのもそのマンションが海沿いにありやはり土地柄ですかね。
海もすいており、ほんわかムードで家族4人ゆっくりさせていただきました。
昼ごはんも地元の物で美味しく頂きました。
ほんわかムードで記念撮影など全然頭に思い浮かべませんでした。l
ごめんなさい。
そして、最後にお客様に教えてもらったマリンスポーツのお店に行き、お店の
お客様と明日香村を髣髴させる様なほんわかムードでお店の地元の客さんとおしゃべり
をしました。
ローカル色が強いいい意味のことですかね。

船で和歌山まで帰るつもりでしたが、ちょっと焦って早く帰りたいと思い、また高速で
帰りました。残念ながら少し停滞しておりました。
ゆっくり走る十五キロ。

c0112240_23415329.jpg


c0112240_23424717.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2011-08-18 23:43 | 右近橘と関係ない話

カネブン

夜の蛍光灯等によってくるカネブンブン。
貴方もあなたの仲間も行きたい明るくて幸せそうな、
歓声が上がっている盆踊り。
しかし、来年はどうなるかとチラット耳に入った。
なんと寂しい事だろう。
毎年、花火や花火やと単純に喜んでいたけれども私、今年の
花火のときはどうぞ、来年も宜しく御願いいたします。と御願い
したい気持ちです。
今まで盆踊りの開催のご苦労を考えず、感謝の気持ちが無かったから
かな。これらかは何に対しても感謝の気持ちを忘れないようにしたいと
思います。
しかし、夜のカネブンブンは元気がよろしますな。


c0112240_102160.jpg





・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2011-08-15 01:06 | いろいろ

海豚

イルカの大好きな営業の女の子が来ました。
パソコンのウェブに色んな奈良県下の商売屋さんをタダで
載せるのだと言っていました。
もう既に駅に無料の観光雑誌を置いているみたいですね。
それよりも営業の方はたまたま置いてあった、イルカの置物や
小物などを見て「奥様がイルカに興味があるのですか?私はイルカが
大好きなんです。」写真をパシャパシャと。
それから「どうしたらお酒が強くなるのですか?」ですとか、世間話ばっかりしていました。
「そこから何かが開けていくのだと上司が言っていました。」とも言っていました。
ついでに私が昔使っていた道具、少し汚れて変色をしていたけども営業の方に
どうぞ写真を撮って帰ってくださいと言いました。
この前、ちょっとしたお客さんとの縁で、この道具を使う事になりました。
うまく使えたら後日、報告したいと思います。
それではまた

c0112240_13554842.jpg


c0112240_13561245.jpg





・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2011-08-08 13:56 | いろいろ

ツバメと夏虫

ツバメの子供もこんなに大きくなりました。
脇本酒造もツバメの子供のように段々と大きくなりたいものなのですが、
中々簡単にはいきませんね。
まぁ、こんな世の中ですからね。
まぁ関係のない話ですが、吉野から来られたお客さんが
「今年は虫が少ないですね
ゲンジとかセミが少ないですね。去年だったらセミの抜け殻が十個
あった木に、今年は一個しかないですね。」
と、言っておられました。
こちらも今年は虫が少ないと言われるおられます。
私も蜂の巣が年々減ってきているように思われます。
でも、明日香村の観光客の減少にも困ったものですね。
私は子供にこういう風に言いました。
「史跡ごとにレースクイーンを置いたらどうかな」写真家の方が
喜ばれるかもしれませんね。
しかし、子供に変な顔をされました。
そんなことをすれば費用もかかるし、こんな暑さでレースクインも
ぶったおれてしまいますよね。
まぁ、大人しくしているのが得策ですね。
私もこれからお酒を飲んでぶっ倒れるように寝させていただきます。
じゃぁ、おやすみなさいませ。

また、更新は早めにしますね!




c0112240_0272131.jpg




・クリックして右近橘応援してください
にほんブログ村 酒ブログへ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]
by ukontatibana | 2011-08-05 01:27



明日香川源流水の霊力の宿る輝く酒の物語。杜氏兼社長のいかにも飛鳥な日常日記。
「右近橘」醸造元 ・脇元酒造
明日香村 脇本酒造
〒634-0145

奈良県高市郡明日香村
野口五番地の一

脇本酒造株式会社

℡ 0744-54-2025
Fax 0744-54-3825




■明日香村にお越しの折
 お越しください。
試飲・販売 やってます。




☆電車でのご案内

大阪阿部野橋
「近鉄吉野行き」。
特急40分「飛鳥」駅下車
降りてまっすぐ
200メートル左。
高台に
「天武・持統天皇陵」。
過ぎ左手に
「高市製薬」。
道を挟み前。案内あり。
 




大吟醸
「飛鳥京]の原点とは

 飛鳥の風景の
  「上澄み」です

飛鳥の地の霊力、水の霊力に感謝して私と蔵人が
醸しました。不思議なことですが、じっくり精魂も
込めればこめるほど仕込みに使った
「飛鳥川源流水」が芯となって際立ってきます。

小さな瓶の中で「飛鳥の水」のパワーが静かに息を
ひそめ開栓を待っていると思うと何かもういじらしく
思えます。どうか飛鳥の風景の「上澄み」をゆっくり
味わって
美しい風景を思いうかべてください。






右近橘フアンクラブサイト


■右近橘 明日香の酒■
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧